文化的なかぴばらになりたい

もったりと文化的なことを書いています。

はねろ、コイキング

 

 

こんにちはこんばんは

 

映画評を書きたいのにぜんぜんうまくいかない。

なぜ。かなしいので、雑記を書こうと思う。

 

 

「はねろ!コイキング」というアプリ知っているだろうか。

某ポケGOの人気がかなり下火になったことに焦ったポケモンの会社が最近出してきた携帯ゲームである。

 

最近少しTwitterで話題になっているようだし、どんなものか、と思い私も始めてみた

そう、軽い気持ちで始めてみたのだ。こんなにも心をえぐってくるゲームだとはつゆ知らぬまま……。

 

 

ゲームの概要としてはいたってシンプルである。

 

ぴちぴちと跳ねるだけのコイキングという鯉のポケモンを、特訓を重ねて育てていき、跳ねる高さを競うリーグ戦に出場させて優勝を目指すというものだ。

 

私もぽちぽちとコイキングを育て始めた。

こいまる、と名前をつけてたくさんエサをあげて、ちょっと過酷そうな特訓も心を鬼にして見守る。日々の悩みも忘れて、ただコイキングがぴちぴちと跳ねるのを眺める。まさに癒し、のはずであった。

 

レベルをマックスまで育て、リーグに挑み勝ち進み、もう勝てない相手に当たったときのこと。もうこれ以上育てられないけどどうするんだろ……と思ったそのとき、画面に理解しがたい一文が現れた。

 

「最後の試合おつかれさま! コイキングは引退するよ」

 

え、引退? 私があっけにとられている間に、ゲームはどんどん進んでいく。

 

気づけば私は新しいコイキングを手に入れ、ちまちまと愛情をこめて育ってきたこいまるは水槽の奥に追いやられ背景の一部となっていた。今までこいまるが元気に漂っていたはずの水槽の中央には見知らぬ、こいまる2が泳いでいるのだ。こいまる2はこいまるとほぼ変わらない見た目をしていた。けれどもこいまるより少し強く、リーグでもっと上まで勝ち進める鯉だった。

すさまじい社会の縮図を見た気がした。過酷なスケジュールの中、給料というエサで誤魔化されながら酷使され、限界を迎えると、すがすがしい掌返しで捨てられる。そして今まで自分のいた場所には自分と変わらない、むしろ少しばかり優れた人間がすっかり居座っているのだ。その状況に私たちは、水槽の背景の一部にされた鯉のように、もう何一つ口を挟むことも文句を言うことも許されない。何故なら私たちはもう過去の存在だから……。

 

 ここまで考えたところで私はそっとアプリを閉じた。涙でかすんだ視界越しに見たこいまるの淋しそうな表情が忘れられなかった。

 

 ごめん、こいまる……

 

 

 それから数日。

 

 私は今日もコイキングにエサをあげ、過酷な特訓を行わせていた。

 

「はねろ! こいまる15!!」

 

 私はこの使い捨ての冷酷な世界にすっかりと慣れきっていた。

6月3日

 

 

 ここのカフェオレは、のっぺりとした味がする。工場で均一に混ぜられた乳製品と珈琲を紙パックに詰めて数週間どこかで保管してからコップに注がれたような味。可も不可も面白味もない味。

 

 最安値チェーン店のカフェで、そんなカフェオレを飲みながら30時間ぶりの煙草をふかしていた。たっぷりの精神的疲労と久々のニコチンというゴールデンコンビがあれば、底辺のカフェオレだって良い口のお供になるものなのだな、と思った。

 

 

 ここ数日Twitterでフォロワーさんの一人が面白い企画をやっていた。フォロワーたちから匿名でその日の日記を集めて、それらをまとめて公開し一つ一つにコメントを送るというものであった。「その人にとってのつまらなく何気ない一日も、他人がみればおもしろく興味深いものであるのではないか」という発想から始めた企画らしい。おもしろい試みだと思った。そして実際読んでみると、ほんとうに何気ない日常であるのに、それを語る言葉えらびだとかに個性があふれていて、とてもおもしろいのである。

 

ならば、私も書いてみようと思った。

 

知り合いに日記を読まれて特定されるのを恐れるあまり、その企画には投稿せずに、こんなところにちまりちまりと書いてしまうあたりに私の卑小さ臆病さがにじんでいることには目をつぶってほしい。

 

 

今日は医療用ウィッグなるものを買い求めに行ってきた。少々、というかかなり、円形脱毛症をこじらせているのが私の現状である。大分つらい。数ヶ月前にちょっとしたことでメンタルパンチをくらってから発症してしまったようなのだが、そんな一発食らったくらいでここまで抜けなくてもというほどにはハゲ進行中である。髪の量は全盛期の10分の1といっても過言ではなかった。そろそろ室内でも帽子が手放せない程度にまで進行してきたために、やむなくウィッグに手を出した次第であった。

 

この医療用ウィッグ、実に高いものであった。情けないながらもまるで自分では払えず親頼み。ほんとうに頭が上がらない。けれどもなんとかウィッグを手に入れて、ちょっと歪な髪形ながらも人目を気にせずカフェに居座れるくらいにはなったので、ウィッグを決断して良かったと思う。

 

 問題は知り合いの前にこの姿で出る勇気があるかという話。

 

 人の視線を気にしすぎる性格をやめて、人生もっと気軽に生きられるようになりたいものだ。

 

 

カフェオレがなくなった。帰ろう。

かぴばらって知ってますか。

 

 

 かぴばら。

 げっ歯目テンジクネズミ科カピバラ属に分類されるげっ歯類。

 ざっくりいうと世界最大のネズミであり、あの茶色くてでかいやつです。

 

 わたし、かぴばらがとても好きなんです。

 あのもったりとした横顔、

 口を開けた瞬間に見えるおどろおどろしいほどのサイズの前歯、

 頼りない見た目と裏腹に時速50キロで駆け抜けてみせる短い四本足

 ……愛おしい。

 そして、なんといってもいちばん好きなのは、

 鼻の穴と口の間の間延びしたような空間。

 

 

 この文章をたまたま目にしてしまったあなた、おそらく「は? かぴばら?」と思ったことでしょうが、だんだんと愛着がわいて来たりしていませんか。わかせてください。おねがいします。

 

 全体的にみると、

 「もったり」という表現が似合うようなのんきで愛くるしい印象なのに、

 細部に目を向けると、

 世界最大のネズミとしてのある種グロテスクな特徴が垣間見える。

 そのギャップこそが萌えポイントだとおもっています。

 

 

 ここまでかぴばらを激推ししてきましたが、

 このブログをかぴばら専門ブログにしたいわけなんかではなくて。

 

 まるで関係ないけれども、小説を書いたり、書評や映画評などを書きためていく場にしたいと思っています。

 

 かぴばらに出会ってからの数年間、

 「はやくかぴばらになりたい~」といって

 ごろごろぐだぐだするだけの生活を送ってきましたが、

 もしかすると私はかぴばらにはなれないのかもしれない、

 ということに最近気づきました。

 

 だからせめて、

 文化的なかぴばらのような人間でもめざそうと思って動き始めた次第です。

 

 もったりとがんばりますのでよろしくお願いします。

 

 

  自己紹介もかねて、「かぴばらって知ってますか。」―― 完